政府の新型コロナ新支援策 貯金100万円以下が条件ってどうなの?

こんにちは、準富裕層からまた遠のいてしまったケチ子です。

富裕層っていう響き、憧れるわ~。しかしケチ子は庶民。富裕層は無理でも準富裕層( 純金融資産保有額5000万以上1億円未満 )の1番下ぐらいに潜り込みたいと思ったけど、結局また3棟目のアパート購入の自己資金で現金を吐き出してしまい、スタートラインに戻ってしまった。 純金融資産 って現金や株などで、不動産は含まれない。不動産は持っているんだけどな。まあ、実際準富裕層になったからといって生活が激変するかといえばしないし、ブランド品を好きなだけ買えるかといえば、全然買えないし、生活は庶民と変わらないはず。ユニクロの柳井さんのように個人資産2兆円超の人なら、多分想像つかない暮らしぶりだと思う。

政府が 新型コロナウイルス禍で生活に困窮する世帯向けに新たな支援金制度を創設する検討に入った と報道があった。

日本経済新聞「 困窮世帯に最大30万円 政府、コロナ長期化で新支援金 」

これまた、分かりにくいしショボい。生活困窮という条件に「預貯金100万円以下」というのがつくとのこと。これってどうやって証明するんだろう。通帳のコピー?でも通帳ってひとり1冊じゃないから、1冊は数万円でも、別な通帳には数百万円ってことあり得るよね。それってどうやって確かめるんだろう。一時期、マイナンバーカードを作ると、国に預貯金などすべて把握されるから危険っていうことがさかんに言われ、みんなマイナンバーカードを作らなかった。今はマイナンバーカード関係なしに個人の預貯金って国が調べられるようになっているの?

最新版!年代別シングルの平均貯蓄額はいくら?

最新版!年代別シングルの平均貯蓄額はいくら? の記事によると20代単身者で貯金をいくらかでも持ってる人の中央値でさえ81万円。ということは、半分以上の人が100万円以下ってことでしょ?もちろん貯金だけじゃなく、生活が困窮してる人ってことだから、(預貯金がなくてもいっぱい稼いで生活は贅沢って人もいるよ)もっと他に細かい条件に当てはまる人しか貰えないけどね。なんだか、本当に困っている人のためにやってるのかって疑問に思うよ。そしてそれを利用できる人は20万人だそうだ。

ケチ子は最近になって「生活防衛資金」という言葉を知った。ケチ子は学生の時からコツコツアルバイトや奨学金を貯めていて、貯金は得意。だけど貯めるのは目的があるから。だから貯まればその目的達成のために使うからまた、貯金は0スタート。ケチ子の育った昭和の時代は終身雇用。途中で仕事を辞めるなんて考えないから、給料は定年まで入ってくるのが前提で生きてきたよね。それは今は転職が当たり前、派遣などの正社員にならない働き方も当たり前になってしまった。だからいざという時に必要なお金「生活防衛資金」なんて言葉も出てきたんだね。だけど実際には貯金を全く持たない人の数はどの年代でも増えている。日本の給料は上がるどころか、下がってきてる。若者の貧困化なんて言う言葉もあるくらい。上の表でも貯金0の人を含む20代の中央値は8万円だから、貯金0の人が多いことが分かるよね。

貯金はしようと思うってもなかなかできないなら、給料天引きのように自分で強制するしかない。少ない金額でもコツコツ貯めていけば、いつかはまとまった金額になる。ケチ子も今回の3棟目のアパートの融資条件に年末の貯金残高規定があり、さっそく来月ローンの返済開始と同時に月5万円の積み立て開始(修繕積立を代わり)。2棟目の融資を受けた銀行も積み立てが条件だったけど、こちらは使い道自由。3棟目の融資を受ける銀行の積み立ての使い道は修繕限定・・・ハア~、誰のお金?

入ってきた家賃はほぼほぼ使わない(使えない)ので、年金以外に月5万円の副業収入を目指しているケチ子でした。せどりもアフリエイトもうまくいかなくて・・・後何すればいいんだろう・・・


コメント